胸のサイズアップを目指す上で気をつけるべき日々のバストケア

lookingpretty胸のサイズアップを目指すときに気をつけなければならないのが、日常のケアです。

手術をしたり、エステでお手入れをしてしまうという方法もありますが、これらは日常的に行なえるわけではないため日常から、胸を大きくするバストアップ体操をして乳腺を刺激をしたり、土台となる大胸筋を鍛えるなど毎日継続的に行なっていく必要があります。


サイズアップするケアを行なう前に必要なのが、身につける下着をきちんとすることです。

 

正しいサイズのブラジャーを正しい方法で身につけるだけでもバストアップに繋がります。


大胸筋を鍛えるためには、さまざまな体操やエクササイズがあります。

身体を解すには、肘を外側に向けて手の指先を肩の上に乗せ、肘で大きく円を描くように20回ずつ回していき、それが終ったら胸の前で手の平を合わせ、息を吐きながら手の平を10秒間押し合います。

次に指先を引っかけるようにして、左右に10秒間引っ張り合います。これらは胸の筋肉を意識しながら行なうことによって効果を得ることができます。

 

また、壁に真っ直ぐに立ち壁に手をついてその体勢のまま腕立て伏せの要領で腕を曲げていくのを20回程度行なうことも効果的となります。ほかにも、足を肩幅に開いてダンベルを両手に持ち、肘を曲げてダンベルを持った手を顔の前で合わせ、肘を曲げたままゆっくり左右を20回ほど行なうのも良いとされています。

 

これに加えてサイズアップを促すためには、女性ホルモンが大切です。

そのため女性ホルモンと似た働きのする大豆イソフラボンを積極的に摂ったり、女性ホルモンの分泌を促すボロンを摂取するなどの食事面を気をつけることも重要となります。女性ホルモンは睡眠不足やストレスがあると分泌の妨げになってしまうため、睡眠をしっかりとりストレスを発散させる生活も大切です。

あと、バストアップマッサージをするときは、バストアップクリームを使うなどすることで、胸のサイズアップをバストケアしながら、効率的にできるかと思います。

老廃物や余分な水分を排出するのもバストアップ効果があるため、入浴後に胸を中心とたマッサージをするのも効果的だとされています。

ブリアン 効果

This entry was posted in バストアップ体験記. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Your email address will never be published.